東京転職

サイトの説明

【転職情報】東京の就職・転職事情

更新日:

日本の首都である「東京」は最も他府県からの人口の流入が多い大都会です。

新卒者・転職者問わず、毎年多くの人が上京してきますから、現在東京で働くことを検討している人もいるでしょう。

東京は日本の経済の中心ですが、世界市場の影響も受けやすいという側面もあります。

これから上京して新しい生活を手に入れようとする人のために、東京の就職・転職事情をまとめてみました。

有効求人倍率

就職・転職を考えている人にとって、市場動向で最もき気になるのが「有効求人倍率」です。

1人の求職者に対して、企業がどれだけ求人を出しているかの指標は、職探しをする人にとって大切な数値です。

全国的に見た就労状況は「買い手市場」と言われ、求職者に有利な状態ですが、2018年現在東京でも同じ動きを見せています。

地方全体の有効求人倍率が「1.45」に対して、東京では「2.06」とかなれい高い数値をはじき出していて、これだけ多くの人が上京している中でのこの数値は絶対的だといえます。

それだけ多く多くの企業が人材を求めているのが東京の現状なのです。

人材不足の傾向が強い職種

東京は首都であり規模の大きな都会という、地方とは違った性質があるので、そこに多い企業の傾向も偏っているといえます。

東京での転職を検討している人は、まず「どの業界が人材不足で入社しやすいか?」を知っておくことで、就活を有利に進められるかどうかが決まります。

〈人材不足の職種〉

  • 医療福祉系
  • サービス業
  • 建設業
  • 製造業
  • 販売小売業
  • 情報通信業

上から4つは、現代の日本の若者に人気のない職種でもあり、2018年のい入管法改正による外国人労働者による人材補填が期待されている職種だとも言えます。

これらは職種的性質からどうしても仕事がハードになる傾向にあり、現代の日本人の若者はIT系や起業など単純労働を嫌う傾向が広がり人気を落としているのです。

一時期から社会問題になった「ブラック企業問題」でも、これらの職種が多かったのも、避けられる理由の一つとして考えられます。

販売小売業は業界自体の景気が良く、新規事業も多く立ち上げられているので人材が追いつかない状態です。

情報通信系では、人材のスキル不足が考えられますが、生まれたときからスマホが存在した次世代の若者が社会出始める時期には不足は解消されるとも言われています。

求人数の少ない職種

経済の基礎体力が強い東京であっても、すべての職種が強いわけではありません。

中には、地方の方が活発な職種もあるので、これから東京で転職を考えている人はチェックしておきましょう。

〈東京で求人数の少ない職種〉

  • 管理的職業
  • 事務職
  • 農林漁業
  • 運送業
  • 清掃業

管理職は元々就労者の多い東京ではすでにその職に就いている人が多く、求人にはあまり見ることができません。

事務職は人気が高いために全国的に有効求人倍率も低く、東京でも同じ状況です。

農林漁業は説明の必要はないでしょう、東京のような都市ではどこもこれらの求人は多くありません。

意外なものは運送業ですが、現在の流通は全国規模となっており、東京では宅配以外の運送業は求人数も少なめです。

清掃業は一時期人材不足にあえぐ業界でしたが、高齢者の雇用を積極的に行ったせいか、現在では求人数を減らしています。

東京の平均収入(賃金)

これから東京に出て転職を考えている人なら、東京の平均収入(賃金)も気になるところです。

東京は日本でも最も最低賃金の設定も高く、景気も良いので、平均収入も高くなります。

全国平均が27.9万円に対して、東京では37.1万円と10万円以上の差をつけていますから、大阪・愛知・福岡・札幌などの都市部以外からの転職組ならばかなり年収が上がることになるでしょう。

東京は物価も高いので、賃金の高さをそのまま生活の余裕に換算することはできませんが、節約の仕方によっては貯蓄をしやすくなる可能性は高まります。

最も「働き方改革」が進んだ地域が東京

政府が推奨する「働き方改革」は、労働者の健康を守るためと、事業の効率化を推し進めるための政策です。

地方で働いていると、メディアで取り上げられているほど実感はできないかもしれませんが、東京で就職するとその変化は著しく感じることができます。

ただし、製造業など、過去には「残業をして稼ぐ」という傾向の強かった職種にも働き方改革の影響があることは、労働者にとっては良いことばかりではありません。

現在地方で製造系の専門職に就いていて、東京で転職することを考えている場合には残業が減ることで収入も下がる可能性があるのです。

IT系などの比較的新しい企業では、働き方改革の恩恵を存分に受けることもできますが、職種によっては逆効果になっているケースもあるということは覚えておいたほうがいいでしょう。

まとめ

東京一極集中型経済の日本の構造によって、現在上京して転職することは有効な手段だと言えるでしょう。

企業の競争も激化している現在では、地方発の企業自体が東京への進出も増えているので、まだしばらくはこの状態が続くはずです。

Copyright© 東京転職 , 2019 All Rights Reserved.